サイトマップから記事を探す ⇀ Click!

ブログの毎日更新と継続の意味を初心者目線で考える。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
 のアイコン画像 

こんにちは!
しょーきち(@SHOKICHI_DJ)です。

先日、Twitter上で心の痛むツイートを拝見しました。

5000人以上ものフォロワーを抱える方なのですが、要約すると下記の通り。

  • 300日以上ブログを毎日更新したけれど、目標月収に届かず。
  • 目標月収は10万円以上だが、現状は1万円程度。
  • いずれブログに本腰をいれる予定だが、転職活動を開始。

何かコメントしようとするも、言葉をまとめきれず、顔文字のみを送信しておきました。

本記事では、

  • ブログって、やっぱり毎日更新した方が良いのかな??
  • ブログの毎日更新は正直キツい。どれほどの意味があるのか知っておきたい。

こういった疑問を解決します。

このサイトの管理人は…

しょーきち

「快適生活」追求中
HSP気質の繊細なミニマリスト
愛妻家1年目の充実した日々

平穏に自分らしく生きるための知恵を共有しましょう。HSP気質は武器。ミニマリズムに出会って以来、幸せ感爆増中です。

なお、筆者SHOKICHIの現状は以下の通りです。

  • 当サイト「ふりすた」については、2020年5月1日より毎日更新継続中。
  • 運営している他のWebサイトの更新を毎日継続するか迷っている。
  • 過去にトレンドブログにて3か月毎日更新し、5桁台後半の収益を得た経験がある。

毎日更新を続けることの良さもしんどさも、一応は経験しています。

しかし、大きな成果を出せていない、今まさに奮闘中の身。

初心者の立場で一緒に考えられたらと思っています。

タップできる目次

結論:高頻度での更新継続が最重要

様々な情報を参考にし考えた結論を先にお伝えすると、

高頻度で更新を継続する

これが答えだと私は考えています。

毎日更新しなくても良いですが、更新は必ず高頻度で継続すること。

高頻度というのは、2~3日に1回程度で良いかと思っています。

もちろん、毎日でも構いません。


この結論に至ったポイントは2つ。

  • 初心者にとっての質と量の捉え方
  • ブログ(サイト)の位置づけ

具体的にみていきましょう。

毎日更新のメリットとデメリット

調べていくと論点が様々に散らかっていたので、一般的によく言われている意見もまとめています。

注意点は、全ての意見はポジショントークである点です。

毎日更新を必死にこなしている人、ある程度成果が出た人は、毎日更新を勧めるでしょう。

そして、その逆の人は、その逆のことを勧めるのです。

なので、一般的な正解も不正解もありません。

一般論のまとめ

簡潔にまとめます。

メリットデメリット
 記事を書く習慣が身につく しんどい!
 失敗して学びを得る機会が増える 質が低下する恐れがある
 読者から認知を得られる 手段と目的がすり替わる恐れがある
初心者にとっての毎日更新のメリットとデメリット

いずれも納得感はあると思います。


初心者にとっては、まず記事を書く経験が大事。慣れていないから、書くことに対して腰が重くなります。

もちろん、ある程度の事前知識はあるに越したことはありませんが、書いているうちに上達するのは間違いないでしょう。

また、「このサイトは毎日更新している」と認められれば、読まれる機会も増えますね。


一方で、毎日更新の最たるデメリットは、「しんどい」ことですね。

さらには、ネタも切れてきて、でも書かないといけないから質が低下する。

本来は手段であるはずが、とにかく続けることだけが目的となってしまって、悪循環を生む。


難しいですね…。

自身の力量と更新する目的に応じて、メリットとデメリットのバランスを考えましょう。

質と量の捉え方

質の低い記事は、結局リライトの手間を増やしたり、削除される運命にあります。

とはいえ初心者の場合、自分の書いた記事の質が他者目線で高いかどうかの区別は、あまりつかないのではないでしょうか。

いくら完璧にしたつもりでも、後から読み返してみて、「なんてひどい記事なんだ」と思うのは当然。

残酷なことに、そう思えれば思うほど、上達していることを意味します。

毎回、その時点での全力で仕上げていれば、質に関しては心配しても仕方ありません。


なので、

質が低下しないという自信のある範囲で、量をこなす

これが大事なんです。

ブログ(サイト)の位置づけ

運営サイトが、どのような位置づけにあるのかを考慮することも大切です。

  • オウンドメディア(自分メディア)
  • 特化型
  • 雑記型
  • トレンド型

詳しくは割愛しますが、それぞれの位置づけに応じて、求められているものが異なるという話です。

例えばトレンド型は、他のタイプと比較して、記事の質はそこまで求められません。

スピード重視で、最低限知りたい情報が得られれば、ひとまずOKです。


一方の特化型では、記事の質が肝心です。更新頻度は二の次三の次。

とはいえ、1か月で3記事更新などのレベルになると、そもそも記事が積み上がりませんし、誰にも認知されないままです。

失敗をする経験が減るとその分、記事の質の向上も見込めません。


この観点からも、ブログ(サイト)の位置づけで多少左右されるものの、

一定以上の頻度で更新をする必要がある

と言えます。

まとめ

ブログ(サイト)は、必ずしも毎日更新をする必要はありません。

ただし、自身が今持ち合わせている全力の力で毎日更新が可能なら、した方が良いのは間違いありません。

成果を出したいのなら、なおさらです。


私は、たとえ毎日更新が厳しくなったとしても、

高頻度で(2~3日に1回以上)更新を継続する

これを必ず守ることにします。


あなたはどうされますか?

少しでもお力になれていれば、幸いです。

SHOKICHIのアイコン画像SHOKICHI

それでは!

- ブログの楽しさを極限まで引き出すテーマ -

SWELL

「SWELL」のPR

ブログ初心者はコレ一択。
得られるのは、快適な執筆時間と安心感。

Gutenberg(ブロックエディタ)完全対応
事前知識不要で「おしゃれサイト」完成!
他テーマの各種機能網羅に独自機能多数!
初心者でも会員限定サポート付きで安心!

全ブロガーとアフィリエイターが待ち望んだ、
今、飛ぶ鳥を落とす勢いのWordPressテーマ。

ブログ運営が楽しくなること間違いなし!

シェアして考えを深めよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる