サイトマップから記事を探す ⇀ Click!

【心配不要】HSPは「ひきこもり」の才能あり!その理由とは【体験談】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
 のアイコン画像 

こんにちは!
しょーきち(@SHOKICHI_DJ)です。

本記事では、

  • HSP気質な人は引きこもりたくなるってよく耳にするけど、大丈夫なの?
  • よく引きこもりたくなるんだけど、このままで良いのだろうか、心配になってきた…。

こういった疑問を、HSP気質を持ち、引きこもるのが大好きな私が解決します。

読み終える頃には、「HSP気質を持つ人がなぜ引きこもるのか」、「どのような気持ちでいるのか」が手に取るように分かるようになっていますよ。

このサイトの管理人は…

しょーきち

「快適生活」追求中
HSP気質の繊細なミニマリスト
愛妻家1年目の充実した日々

平穏に自分らしく生きるための知恵を共有しましょう。HSP気質は武器。ミニマリズムに出会って以来、幸せ感爆増中です。

タップできる目次

HSPがひきこもりたくなる理由

HSPがひきこもりたくなる理由

ひきこもりたくなる理由は様々にあり、厳密には、人によって異なります。

ですが、繊細な感性を持つHSPな人には、ある共通点がありますよね。

…そう。「DOES」です。

「5感が鋭く、光や音などの刺激に敏感」「人の気持ちに共感しやすく振り回されやすい」などといった特性から、非常に疲れやすく、人間関係での悩みも抱えやすいんでしたね。

詳しくは「HSPとは繊細で敏感気質な人。特徴を分かりやすく解説します。」で解説しています。

こうした特性を元に、ひきこもりに繋がりやすい要素を挙げていくと、下記のようなものがあります。

  • 他人に共感はできるが、他人からの共感が得られない場合がある。
  • 周囲に気を遣い、対人関係に疲れ果てた。
  • 働いていたら体調を崩しがち。適職が見つからない。
  • どこにいても居心地が悪い。

およそ5人に1人がHSPであると言われていますが、環境によってはそれ以上にもそれ以下にもなり得ます。

特にHSPのような繊細な感性を持つ人の少ない環境にいると、周囲の人と共感が得られず、気持ちの上で孤立しがちなんですよね。

グループに入らないと「浮いた存在」になってしまう学校生活や、こちらからすれば「無神経」とも感じられる言動を繰り返す上司や同僚。

日々の満員電車に、一向に回復することのない体力。

付き合うこと自体は表向きにはうまくやれても、精神的には疲労が蓄積し、追い詰められていくんです。

意図してもしていなくても、居心地の良い場所に巡り合えた繊細さんは幸運です。

あまりにも疲れる環境に居続けると、次第に…

もう外に出る気力も湧かない。
人に会いたくない。

と、思うようになってくるんです。

なぜなら、家が一番落ち着ける場所だから。

もしかしたら自分の部屋だけかもしれませんし、図書館など特定の場所かもしれません。

一番「マシ」なところに存在していたくなるんです。

そうやって居心地の良さを追求していくと、次第に体力も気力も回復していくんです。

これが、繊細な感性をもつHSPさんたちが「ひきこもりたくなる」理由です。

外出自粛のコロナ禍で「ひきこもり」の本領発揮【体験談】

外出自粛のコロナ禍で本領発揮【体験談】

いわゆる新型コロナウイルス(COVID-19)の猛威は凄まじいもの。

そんな中で話題となっていたのが、「外出自粛」問題です。

感染拡大防止のため、「不要不急の外出を控える」というものでしたね。

となると、必然的に家にこもる機会が増えます。

普段から家で家事をしている人も、買い物はまとめてしたり。仕事はテレワークになったり。

髪を切る期間を長くしたり、あらゆる施設は閉鎖し、レジャーに出る機会も消失。

テレビやネット等、あらゆるメディアのインタビューでは連日、「はやく外出自粛期間が終わってほしい」という人の意見で溢れかえっていました。

中には、気分が落ち込み、本格的に心身のバランスを崩してしまう方まで…。

確かに、日頃人と話すことが好きだったり、触れ合う機会を大切にしている人、スポーツなど外でしかできない趣味を心の支えにしている人からしたら、耐えられない状況でしょう。

ですが、我々のような「日頃から楽しく引きこもっている人」からすれば、特に変化はなく。

強いて言えば、

  • 外出するならマスクが必須になったこと
  • スーパー等で消毒液を使用する機会が増えたこと
  • 呑み会がオンラインになったこと

くらいでしょうか…。

今の時代、遠く離れていても、本当に会いたい人とは顔を突き合わせて話すことが出来ます。

のアイコン画像

私も、久々に気心の知れた友人とオンライン呑み会をしたときには、非常に楽しい思いをしました。

そして、仕事についても、

  • オフィス不要じゃない?
  • 満員電車に乗る意味が分からなくなった。
  • 一人で自宅で仕事をすると効率が飛躍的に向上した!

等の声が挙がっています。

もちろん仕事によっては従前どおりの働き方を貫かないといけないものもありますが、より快適に効率的にできるなら、変化させた方が良いでしょう。

「ひきこもり能力が高い」というのは、実はこうした部分では非常に有利に働くんですね。

日頃ネガティブな印象のある言葉ですが、こうなると「一種の才能」と言っても過言ではないでしょう。

▶参考|一人でいるのが楽で大好き!一人になりたいHSPは「一人時間」を謳歌しよう。

まとめ|「ひきこもり」について心配の声はありがたいけれど、心配不要です。

まとめ|心配の声はありがたいけれど、心配不要です。

「ひきこもり」というと、心配する声がどうしても挙がるもの。

ですが、繊細なHSP気質をもつ我々は、最も最善な選択をとっているだけなんですね。

なので、身近にそうした人がいる場合も、心配不要です。

ひきこもっていて不安を感じているあなたも、より快適な環境にいるだけのことなので、卑下する必要は一切ありません。

遠慮なくこのスタイルを続けていきましょう。

のアイコン画像

「自分基準」を追求すると、幸せ度が飛躍的に向上しますよ!

▼より自分らしい生活を送りたい方はコチラ

繊細で生きづらいHSPこそミニマリストになるべき3つの理由。
ミニマリズムの本質は「自分基準の追求」にあり。効果絶大です。

▼HSPカテゴリの他の記事はコチラ

HSPカテゴリの記事一覧

シェアして考えを深めよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる