サイトマップから記事を探す ⇀ Click!

転職サイトと転職エージェントの違いとは|併用が最強の使い方です。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人のアイコン画像悩む人

転職サイトと転職エージェントの違いが、いまひとつ分からない!
どうやって選べば良いんだろう。

こんなお悩みを、人材業界での勤務経験があり、たびたび転職に成功してきた私が解決します。

この記事を読むと分かること
  • 転職サイトと転職エージェントの違い
  • 併用こそ最強の使い方である理由
  • 転職サービス選択のポイント
このサイトの管理人は…

しょーきち

しょーきち

Twitter|@SHOKICHI_DJ

  • 転職を複数回経験
    (未経験で東証一部上場企業へも)
  • 総合人材サービス企業の勤務経験
    (人材業界の実情に精通)
  • 脱「サザエさん症候群」に成功
    (自分らしく働く充実した日々)

結論からお伝えすると…

どの転職サービスを使えば良いのかについて、決まった正解は存在しません。

ただ、今回のテーマについて明確に理解しないままに転職活動を続けると、思うように進められない恐れが出てきます。

のアイコン画像

でも、一度把握してしまえば百人力ですよ!

タップできる目次

転職サイトと転職エージェントの違い|各種メリットとデメリット

転職サイトと転職エージェントの違い|各種メリットとデメリット

一言でまとめると、

サポートをしてくれる人が存在するか、否か

これが最も大きな違いです。

のアイコン画像

どちらも、一長一短あります。

転職サイトと転職エージェントの違い

詳細を簡潔に表にまとめてみました。

比較項目転職エージェント転職サイト
お手軽さ
人を介した相談や調整があるので、気軽さは少なめと言えます。

いつでもどこでも、自分自身の好きなスタイルで進められます。
各種アドバイス
カウンセリング

専任のキャリアアドバイザーによる客観的な評価を知ることが可能です。

転職のノウハウや適性診断などは活用の仕方次第で役立ちます。
応募可能な求人数
求人の質

数では劣りますが、非公開求人も存在します。

掲載されている企業なら、何社でも応募が可能です。
選考対策
面接日程の調整
入社時の条件交渉

必要に応じてアドバイザーがサポートしてくれます。

情報は得られますが、全て自分でやりくりする必要があります。
転職サイトと転職エージェントの違い

なお、利用料金については、いずれも無料な場合がほとんどです。

企業側で賄われているため、我々求職者はお金を支払う必要がないんですね。

のアイコン画像

補足ですが…企業側の負担としては、エージェントなら「成功報酬」での紹介手数料、サイトなら「月額」での料金支払いが多いです。

転職サイトと転職エージェントのメリットとデメリット

以下の表に、簡潔にまとめてみました。

転職エージェント転職サイト
メリット○ 転職活動の背中を押されるため、前のめりになって取り組みやすい。

○ 非公開求人の存在で、より希望に合った企業に出会いやすい。

○ 各種選考対策や企業との交渉にサポートが得られる。
○ 応募企業もスピードも、自分のペースで進めることができる。

○ 求人数が圧倒的に多く、応募自体も容易に可能。

○ スカウトを受けると多少有利に選考を進めることが出来る。
デメリット✖ アドバイザーの質や相性により差が出る場合がある。

✖ 自分のペースを守るのに労力がかかる場合がある。

✖ 応募する求人数に限りがあるため、吟味する必要がある。
✖ 全て自分で計画を立てて進めていく必要がある。誰の助けもない。

✖ 企業情報は限定的。内部事情まで調べるのに時間がかかる場合も。

✖ 選考や交渉において自分を客観視する力が求められる。
転職サイトと転職エージェントのメリットとデメリット

初めにお伝えした「人の介在」が最も大きな違いですが、情報量やその質、進め方も全然違っているんですね。

のアイコン画像

どちらが良い、どちらが悪いと一概には言えないことが分かります。

転職サイトと転職エージェントは併用するのが最強!

転職サイトと転職エージェントは併用するのが最強!

自身の転職と人材サービス会社での勤務経験上、断言できます。

併用こそが、最強のやり方なんです。

両者の併用が最強な理由

転職サイトと転職エージェント、双方の強みを増幅させ、弱みを補い合う。

これを実現させる唯一のやり方だから。

転職エージェントだけでも、転職サイトだけでも、どこかの要素で偏りが出てきてしまいます。

転職に精通している方なら話は別ですが、初めての転職活動ならなおのこと。

のアイコン画像

料金もかかりませんし、手間が劇的に増えるわけでもありません。使えるモノは取捨選択して使っていかないとソン、ということです。

両者の使い分けの仕方

実際の流れと共に、簡潔にご説明しますね。

STEP
転職エージェントと転職サイトに登録

情報収集も大事ですが、まずスタートを切りましょう。
初めは、エージェントは2社程度、転職サイトも2つ以上が目安です。

何を利用するかは徐々に絞られていくと思いますが、間口は広く。
動き出すことで、はじめて見えてくる課題もあるんです。

STEP
転職エージェントで各種ヒヤリングを受け、職務経歴書等を作成

特に転職初心者は、職務経歴書の作成の仕方など分かりませんよね。
手とり足とり、教えてくれますよ。

また、転職の流れや選考のコツなども、改めて把握することが出来ます。
相性の良いアドバイザーを探しましょう。

STEP
転職サイトを本格利用開始

書類や転職の流れを把握したら、エージェント任せにしていてはいけません。
転職サイトを本格的に利用し、自ら探し始めましょう。

求人数の多さは転職サイトが圧倒的ですから。
また、能動的に探し回ることにより出てくる気づきが大事なんです。

STEP
改善を続ける

アドバイザーに相談をし続けるのも良し、1人で動き回るのも良し。
正解はありません。

ただ1つコツがあるとすれば「決して諦めないこと」です。
諦めずに探し続けていれば、希望に合致した働き方に近づけます。

のアイコン画像

上記の流れは非常にオススメですが、あくまで一例です。
あなた自身に合ったやり方で、上手に使い分けていきましょう!

豆知識

転職エージェント経由で選考落ちした企業に、転職サイト経由で再応募が可能な場合も。

特に書類審査で縁がなかった際には、面接までこぎつける可能性を広げられます。

これは「成果報酬」で利益を得ている転職エージェントの方が、書類審査が厳しめだからです。

転職サイトと転職エージェントの選び方|自分自身に合うものを!

転職サイトと転職エージェントの選び方|自分自身に合うものを!

転職サービスの選び方は単純明快。

自分に合うものを見極めること

のアイコン画像

これが最大のポイントで、少し難しくもあって。

例えば、

新卒で早期離職した場合
▶「第二新卒」という武器を最大限に活用する。

未経験の業界に進みたいが自信が無い場合
▶幅広い業種を検討できる「大手」を活用する。

フルタイムでなく時間に融通を効かせて働きたい場合
▶「パートタイム」や「派遣」という選択肢。

等々。実に幅広いやり方が存在します。

▼参考|そもそも、あなた自身が仕事に何を求めているのかも、考えてみましょう。
仕事をなんのために頑張るのか|働く意味がわからない人へ【お金】

のアイコン画像

希望する条件や、これまでの職務経歴によって全く異なってきます。
様々な情報を吟味しつつ、あなた自身で練り上げていくしかないんですね。

ここまでの話をまとめます。

この記事のまとめ
  • 転職サイトと転職エージェントの違いは多数あり、一長一短!
  • 良いところ取りをする「併用」こそ最強の使い方である。
  • 転職サービスを選ぶ最大のポイントは「自分自身に合うかどうか」。

それでは、早速探し始めてみましょう!

転職サイト|【転職サイト】おすすめに「絶対」はない!選び方と使い方がカギです。

▶▶転職エージェント|【転職エージェント】おすすめの選び方と活用法!【元人材大手社員談】

シェアして考えを深めよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる