サイトマップから記事を探す ⇀ Click!

「20代で隠居」理想の暮らし方発見!生粋ミニマリストの心穏やかな日々

URLをコピーする
URLをコピーしました!
 のアイコン画像 

こんにちは!
しょーきち(@SHOKICHI_DJ)です。

本記事では、

  • ミニマリスト的な面白い本、何かないかなー!
  • ミニマルな暮らしを突き詰めた人の話、読んでみたい。
  • 毎日忙しく生きるのになんだか疲れた。気持ちを楽にしたい。

こういった疑問を解決します。

このサイトの管理人は…

しょーきち

「快適生活」追求中
HSP気質の繊細なミニマリスト
愛妻家1年目の充実した日々

平穏に自分らしく生きるための知恵を共有しましょう。HSP気質は武器。ミニマリズムに出会って以来、幸せ感爆増中です。

今回ご紹介するのは、こちら。

大原扁理さん著の、

『20代で隠居 週休5日の快適生活』です。

この本は、「仙人になりたい」「隠居したい」と常々言っていた私が見つけ出した、読むと生きるのが少しラクになる本です。

あくせくした日々の暮らしから離れたい。人から離れたい。

でもお金は大して持っていないからある程度「ちゃんと」働かないとやっていけない…。

のアイコン画像

こういった考えが頭をよぎったことのある方、必読です。

タップできる目次

「20代で隠居」要点

一言で表すと、

1ヶ月あたり7万円台の生活費で、東京郊外で毎日楽しく生活してきた経緯と経験

を記録した本です。

著者の大原扁理さんは、高校卒業後に3年間のひきこもりを経験。

その後、海外1人旅やフツーに働く経験を経て、働く中での「あること」をきっかけに隠居生活へ突入します。

この本のポイントは、次の3点です。

  1. 週に2日働き、1ヶ月7万円程度あれば、東京でも十分楽しく暮らしていける。
  2. 「水を得た魚」ならぬ、「孤独を得た隠居」。
  3. 好きな言葉は、「ハタチ過ぎたら人生引き算」。

一部出典:「20代で隠居」/大原扁理著

その①|1ヶ月7万円程度あれば、東京でも十分楽しく暮らしていける。

郊外とはいえ東京ですから、それなりに物価も高いのでは、と思いますよね。

でも、家賃も医療費も税金も、全てをひっくるめてひと月あたり7万円台で収めることが可能なんですね…!

のアイコン画像

意外かも!

文中では実際に、家計支出の記録ノートを公開されています。

詳細な項目に書かれているのは「食べ物」が多め。基本的に自炊もされているそうで、野草の料理も得意だそうです。

健康で、家にそれほどこだわりがない独身の方であれば可能、という形ですね。

その②|「水を得た魚」ならぬ、「孤独を得た隠居」。

隠居につきものなのが、「孤独」です。

これに関しては、耐えられる人とそうでない人とでかなりの差が出そうですね。

のアイコン画像

繊細な方は得意かも。

あまり積極的に社交をせず控えめに暮らすので、付き合いのある人もどんどん限られてきます。

それでもやっぱり数人は残るので、それは大事にしたいと。

基本的には独りでいるのが大好きなので、あくまでも緩く繋がっていたいということですね。

苦しかったら意味がありませんし、隠居をする上での1つの才能とも言えるかもしれません。

その③|好きな言葉は、「ハタチ過ぎたら人生引き算」。

アルバイト仲間の死をきっかけに、「もし明日死ぬかもしれないとしたら」を考え始めたそうです。

そうした時に出た結論が、「人生はやらなくて良いことばかり」だということ。

結婚も貯金も就職も人付き合いも、親の期待に応えることも。

のアイコン画像

まさにミニマリスト的な考え方ですね。

これは今では、大原さんの行動基準となっているそうです。

自分の基準でやりたくないなら、それはやらなくて良いんですね。

HSPミニマリストの感想

この本は、読むと気持ちがとてもラクになります。

それはきっと、ひと月7万円程度で暮らす大原さんが、ローコストにも関わらず、とても穏やかで充実した暮らしをされている様子が、ひしひしと伝わってくるから。

自炊をしたり、野草を採ったり、献立を考えたり。

のアイコン画像

のんびりと。
心に余裕があって、楽しそうなんです。

一方で、ホームレスに会いに行ってみたり、世界一周の旅をしてみたりと、大小問わず「挑戦」もされています。

  • 過去に色々な出来事があったから、こうした「隠居生活」にたどり着いて、そしてその生活が誰よりも気に入っている。
  • 将来的な不安もゼロではないし、気を悪くする人がいるかもしれないけれど、それはそれで必要以上に心配しても仕方ない。

そうした、等身大で考え抜かれた思想が、嘘偽りなしに伝わってくるんです。

たしかに、他人からしたら

『それで大丈夫なの!?』

と思うような箇所もあるかもしれません。

のアイコン画像

でもきっと、大丈夫なのでしょう。

私も含めてですが、

『あくせくした忙しい生活はもう嫌だ』

と思っても、惰性や諦めの気持ちを持って、日々を過ごしがちです。

大原さんは、現在に至るまでたくさんの経験を経た中から考え判断し行動を起こした。

そして、ご自身にとっての充実した暮らしを今、送られているわけですから。

繊細で傷ついた過去があったり、今まさに疲弊しきっている人にとっては特に、刺さる箇所が盛りだくさんだと思います。

のアイコン画像

隠居、私はとても向いていると思いました…。

「ミニマルな暮らし」「心穏やかな暮らし」を望む方にピッタリです

仕事に疲れた、日々に充実感がない、といった方にもちろんのこと、「生活をダウンサイジングしたい」という方にも合うでしょう。

ただ実際のところ、今すぐ東京で7万円程度/月での生活はなかなか難しいかもしれません。

のアイコン画像

家の設備でも譲れない部分はあるでしょうし、奨学金の返済などがあれば、なおさら。

ですが、無意識のうちに倹約しながらも心身ともに充実した生活を送る秘訣が、散りばめられています。

無理なく実践していけば、きっと実現できるはず。

大事なのは、「適性」と「覚悟」でしょう。

味わい深さは保証します。

ぜひ一度、詳細を確認してみてください。

SHOKICHIのアイコン画像SHOKICHI

他にも、読んで良かった本を厳選してご紹介しています。
ぜひご覧くださいね。

▼特に「ミニマリズム」初心者の方はコチラ
【総まとめ】ミニマリストのなり方|物心共に快適なミニマルライフのススメ。

▼「ミニマリズム」に関する他の記事はコチラ
「ミニマリズム」カテゴリの記事一覧

▼特に「HSP」初心者の方はコチラ
【総まとめ】HSPを学ぶあなたへ。全体像と上手な付き合い方【初心者】

▼「HSP」に関する他の記事はコチラ
「HSP」カテゴリの記事一覧

シェアして考えを深めよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる