サイトマップから記事を探す ⇀ Click!

登山漫画「孤高の人」に学ぶ!ミニマリストの「究極の没頭力」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
 のアイコン画像 

こんにちは!
しょーきち(@SHOKICHI_DJ)です。

本記事では、

  • ミニマリズムを感じられる漫画には、どんなのがあるの?
  • 現実的には手を出せないけれど、ストイックなミニマリストの生き方を体感してみたい。

こういった疑問を解決します。

このサイトの管理人は…

しょーきち

「快適生活」追求中
HSP気質の繊細なミニマリスト
愛妻家1年目の充実した日々

平穏に自分らしく生きるための知恵を共有しましょう。HSP気質は武器。ミニマリズムに出会って以来、幸せ感爆増中です。

もしあなたが、表面的にモノを捨てるだけでない、考え方や生活の在り方そのものから「ミニマリスト」になりたいなら。

その気持ちを知っておきたいなら。

この登山漫画「」を、一度は読んでおくべきです。

私が読んだ当時は登山に興味がなかったので敬遠していましたが、「登山が好きかどうか」はまるで関係ありませんでした。

タップできる目次

「孤高の人」概要

孤独な青年・森文太郎は転校初日、同じクラスの宮本にけしかけられ校舎をよじ登ることに。一歩間違えば死んだかもしれない、だが成し遂げた瞬間の充実感は、今までになかった「生きている」ことを確かに実感するもの…。文太郎はクライミングへの気持ちを加速させはじめた――!!

出典:amazon.co.jp
  • 作者|坂本眞一
  • 原案|孤高の人(新田次郎による小説)
  • 掲載|週刊ヤングジャンプ(集英社)
  • 受賞|第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(2010年)
  • 補足|元々、作者の坂本眞一が作画を担当。
    原作が鍋田吉郎➡高野洋➡無表記となり、坂本眞一の単独作品へ。

※参照:Wikipedia

のアイコン画像

全17巻で、完結しています。
好みはあると思いますが、作画も綺麗なんですよ。

「究極の没頭力」を感じるミニマリストポイント3選

社会からの断絶を切望する姿

社会からの断絶を切望するミニマリストな「孤高の人」

「イケメン」ともてはやされたり、クライミングの大会で一気に成果をだしたりと、少し暗いけれど「クールでかっこいい」高校生だった主人公。

「登山」の魅力にとりつかれた結果、社会人になってからは、完全なる社会不適合者になります。

仕事は真面目にこなすものの、人と接することを極端に避ける様子は、みていて「大丈夫か」と言いたくなるほど…!

それもそのはず。

  • アツく夢を語り「海外留学する」と言っていた友人は、成人式で大暴れした挙句、主人公の金を奪うまでに。
  • ヒロイン的存在だった女子は、風俗嬢になり借金とりに追われる生活を送り、主人公をカモにしようと目論む。
  • 強いライバルとして突如登場した人物は、のちに死体に…。

周りの人間の末路が、ことごとくヤバいんですね。

人間模様は、のちに変化がみられるものの、こうした経験から培われた土台はいつまでたっても揺るぎません。

のアイコン画像

絶望しかありません。
社会の余計なしがらみを断ちたくなる気持ち、

よく分かります…。

何もない部屋で生活する姿

「孤高の人」が生活する、ミニマリストすぎる何もない部屋

分かりやすく「ミニマリズム」を感じられる箇所です。

  • 主人公の住む部屋には、山登りに必要なモノ以外、一切なし。
  • 登山リュックがゴロンと置かれているのみ。
  • 水道は「あえて」止めている状態。

登山には相当な費用がかかりますから、節約をしているんですね。

のちに登山だけでなく、別の仕事を始める際には、仕事関連の本だけが山積みの部屋に。

結婚をして家族ができても、テレビを置かず質素な生活を続けます。

のアイコン画像

必要なモノは取り入れるけれども、
それ以外は一切排除しているんですね。

圧倒的大自然=自分の世界に入り込む姿

夜空に星が瞬く圧倒的大自然に没頭する「孤高の人」

主人公を取り巻く社会生活は驚くほどに混沌としていますが、登山に欠かせない「山」を取り巻く大自然は圧巻です。

冬山や本格的な登山は危険なので1人でいくわけにいきませんが、主人公は1人でも軽めの登山にでかけることがあるんです。

夜の山。星空を眺めている内に、妄想の世界へ。

マントも羽織り、まるで白馬の王子様になったかのような演出で、「自分の世界に入り込む」姿が表現されています。

のアイコン画像

「心が癒され目の前の世界に没入する」
サマを体現しているんですね。

まとめ

圧倒的大自然を感じさせる雪山

「孤高の人」は、圧倒的な大自然と、しがらみだらけの汚い社会との対比を、圧倒的画力で魅せる漫画です。

この主人公までストイックにならずとも、目標をもって日々頑張ろうとしているあなたにとって、得られるものは大きいでしょう。

サクサク読み進められるので、ぜひ一度ご覧ください。

シェアして考えを深めよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる