サイトマップから記事を探す ⇀ Click!

退職代行サービス|おすすめ3選と失敗しない選び方【労働組合|弁護士】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人のアイコン画像悩む人

退職代行サービスってたくさんありすぎて、どれを利用すれば良いのか分からない…。メリットやデメリットはそれぞれあるんだろうけど、自分に合ったサービスをみつけたいな。

そしてなによりも…。速やかに、でも安心安全に退職したい。

こんなお悩みを、人材業界での勤務経験があり、たびたび転職に成功してきた私が解決します。

この記事を読むと分かること
  • あなたの希望に沿った退職代行サービスのシンプルな選び方
  • 退職代行サービスのタイプ別特徴を比較した結果(費用、安心感など)
  • 厳選した、おすすめの退職代行サービス
このサイトの管理人は…

しょーきち

しょーきち

Twitter|@SHOKICHI_DJ

  • 転職を複数回経験
    (未経験で東証一部上場企業へも)
  • 総合人材サービス企業の勤務経験
    (人材業界の実情に精通)
  • 脱「サザエさん症候群」に成功
    (自分らしく働く充実した日々)

サービスって、多すぎてもよく分からなくなるんですよね。

定番が良いのか、新しいものの方が良いのか、実はよく知られていない素晴らしいモノがあるのか…。

のアイコン画像

実は「見落としているポイントがあるのでは…」とも考えてしまいますよね。

こうしたややこしいサービスを選ぶにあたり、何につけても慎重な私が調べた結果をズバリ簡潔にお伝えします

退職がしんどいのは確かですので、神経をすり減らす前に、確実に終わらせましょう。

のアイコン画像

初めてでも分かりやすいように、お伝えしていきます!
参考にしてみてくださいね。

▼気になるモノから、確認してみましょう。

良いところ取り状態で費用と信頼性のバランス抜群

費用はかかるも信頼性抜群で交渉レベルの高さは随一

低費用で圧倒的な知名度

▼退職代行サービスの利用に迷いのある繊細さんはコチラ【※遠慮は無用です】

タップできる目次

退職代行サービスの選び方【要点】

のアイコン画像

3ステップでお伝えしていきます。

STEP
退職代行サービスの選び方の大前提
STEP
「退職代行サービス」の最重要ポイントを比較で確認
STEP
あなたの場合は?「3ステップ」で簡単診断!
のアイコン画像

よろしくお願いします!

退職代行サービスの選び方の大前提

最初に、サービス選びの前提をお伝えしますね。

結論を言うと、

あなた自身が退職代行サービスに求めるものを明確にすれば、あとは悩む必要はありません

のアイコン画像

どうして??

ある程度の規模の事業者であれば、いずれのサービスにも一長一短はあるものの、成功率自体はほぼ100%だから。

そして、その業者を選ぶポイントは限られているんです。

のアイコン画像

そんなに成功率が高いとは知らなかった。

のアイコン画像

「失敗する」って怖いですから…。でも、その点では心配いりません。

「退職代行サービス」の最重要ポイントを比較で確認

最低限知っておけばOKなポイントをお伝えします。

サービスには大きく3種類「一般型代行」「労働組合型代行」「弁護士」があります。

のアイコン画像

なんか、ややこしそう…。

のアイコン画像

心配いりません。順に説明します。

それぞれのメリットとデメリットがこちら。

小難しい用語については後述しますのでご安心くださいね。

一般型代行

 費用が安い
 対応速度が速い
 会社との各種交渉不可(伝言のみ)
 非弁行為になる恐れ

※人件費が抑えられ、費用は安い。
※法律の後ろ盾は基本的にない。

労働組合型代行

 費用が安い
 対応速度が速い
 会社との各種交渉が可能
 非弁行為になる心配が基本的にない

※人件費が抑えられ、費用は安い。
※労働組合法6条に基づき、代理交渉が法的に認められている。
※基本的な交渉は可能だが、高度なものは不可。

弁護士

 費用が高い
 対応速度が遅い
 会社との各種交渉が可能
 非弁行為になる心配が一切ない

※弁護士は人件費が高い。
※職務倫理規定による詳細なヒヤリングが必要なぶん、時間が必要。
※弁護士が行うので、何にでも対応可能。

のアイコン画像

費用、対応速度、会社との交渉レベルをみる必要があるんですね。

のアイコン画像

なるほどね…!どれも、一長一短あるってことね。

ここで各項目について、補足をお伝えしますね。

少しだけややこしいですが、重要なポイントは2点です。

まず、「非弁行為」について。

「非弁行為」について

「退職代行業者は非弁行為をしているから違法だ」という意見をもつ弁護士もいます。

とはいえ、専門家でも意見が割れていることで。

自社の対応可能な範囲でサービスを提供しているところを選べば、問題ありません

のアイコン画像

詳しく調べていくと、必ず耳にする単語なんです。
初めて目にすると不安になるかもしれませんが、問題ありません。

次に、「会社との各種交渉」について。

「会社との各種交渉」について

有給休暇や退職金などの処理を、どれほど業者に代行してもらうか、です。

ある程度モラルのある会社であれば、「交渉」をするまでもありません。

のアイコン画像

だから、交渉のできない「一般型」の退職代行サービスが存在しているのね。

のアイコン画像

そういうこと!ただ、中には労務管理があやふやな会社もありますよね。あとは会社と大きな揉め事がある場合も…。

そういった際には「交渉」が必要なので、「一般型」では対応しきれません。

また、慰謝料の請求など、高度な交渉が必要な場合は弁護士に頼るほかありません。

のアイコン画像

あなたはどの程度の「交渉」が必要でしょうか。

あなたの場合は?「3ステップ」で簡単診断!

改めてまとめると、次の通りです。

一般型代行労働組合型代行弁護士
費用の相場
3万円程度~

3万円程度~

5万円程度~
対応速度
はやい

はやい

ゆっくりめ
会社との
交渉レベル
×
伝言のみ

交渉可能

何にでも対応可能
安心感
トラブル発生時が大変

バランス良し

圧倒的安心感
退職代行サービスのタイプ別|メリットデメリット

考えるべきは、次の項目です。

のアイコン画像

順番に、考えてみましょう。

STEP
費用はどの程度まで出せますか?

代行業者なら3万円程度、弁護士なら5万円以上必要になる場合が多いです。

STEP
退職までのスピード感をどの程度求めますか?

「今すぐにでも」という勢いなら、弁護士でなく代行業者にしましょう。

STEP
お勤めの会社の労務管理はある程度信用できますか?
会社との交渉はどのレベルで必要ですか?

※表の横スクロールが可能です。

交渉レベル⇨
⇩会社の信用
退職金
有給
労災申請
慰謝料請求
信用ありどれでも可弁護士
信用無し労働組合
or弁護士
弁護士
交渉レベルと会社の信用度合別|サービス選び

退職金や有給等の「多数の人が申請する」レベルなら、会社の信用に応じて選びましょう。
労災や慰謝料といったレベルになると、弁護士一択です。

のアイコン画像

費用はまあ、5万程度までなら何とか…。スピード感は、今すぐってほどじゃないけど、なるべく早めで…

少し時間をとって、考えをまとめましょう!

バランスをとるのが難しいかもしれませんが、考えるべきはこれだけです。

のアイコン画像

優先順位をつけてみてくださいね。

なお、下記はNGな例です。

会社の労務管理はテキトーだけど、費用を抑えたいから「一般型」に依頼しよう。

望み通りの結果が得られなければ元も子もないので、ここだけは慎重に検討してください。

ここが明確になりさえすれば、後は以下から選ぶだけです。

のアイコン画像

ほんと、3つのステップのバランスが大事なんだね。

のアイコン画像

労働組合型、弁護士、一般型。あなたはどれに決まりましたか?

労働組合型|良いところ取り状態な「退職代行サービス」

  • 「成功すれば何でも良い!悩む時間がもったいない」
  • 「費用はそれなりに抑えたい」
のアイコン画像

労働組合型は、こんな方にも向いています。

退職代行ガーディアン

退職代行サービスなのに、会社との各種交渉が可能で、「退職代行サービスと弁護士のサービスとの良いところ取り」状態。

しかも、費用も安く済みますので、特にこだわりがないなら、これで間違いありません

労働組合が退職代行を行うので、非弁行為に当たらないんです。

のアイコン画像

私なら、このサービスを利用します。

弁護士|信頼性抜群で交渉レベルの高い「退職代行サービス」

  • 「費用は多少かかっても良いからとにかく確実に進めたい」
  • 「今の会社は労務面で信用できない」
のアイコン画像

弁護士タイプは、こんな方にも向いています。

弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人のサービスなので、信頼感が抜群です。しかも、このサービスは知名度も高いです。

お勤めの会社に信頼感が無なすぎる場合や、弁護士の力を借りて誰にも文句を言わせず確実に進めたい場合には、これ一択です。

費用は多少かかりますが、それだけの価値はあります。

のアイコン画像

圧倒的安心感です。

一般型|低費用で利用可能な「退職代行サービス」

  • 「勤めている会社はある程度信用できるし、特に交渉もいらない。」
  • 「費用は抑えたいし、知名度が高いところが安心できて良い!」
のアイコン画像

一般型は、こんな方にも向いています。

EXIT

抜群の知名度を誇る、退職代行サービスの先駆者です。

会社との各種交渉はできず伝言のみですので、お勤めの会社の労務管理に信頼感がある場合に利用しましょう。

耳馴染みの良い方が安心できるという方は、こちらの利用も可です。

のアイコン画像

会社自体は良くても、合わないものは合いませんからね…。

まとめ|「退職代行サービス」に求める条件を明確にしたら、動き出すだけ。

初めにもお伝えした通り、あなた自身が退職代行サービスに求めるものを明確にすれば、あとは利用すべきものは自然と固まってきます。

ここで紹介した退職代行サービスを、改めてまとめておきますね。

良いところ取り状態で費用と信頼性のバランス抜群

費用はかかるも信頼性抜群で交渉レベルの高さは随一

低費用で圧倒的な知名度

のアイコン画像

一度、当該サイトで確認してみてくださいね。
ゴテゴテしていますが、中身自体はしっかりしています。

もちろん、こうしたサービスを利用するのが初めてであれば、迷って当然、悩んで当然です。

でも、そこに費やす時間は最低限にして、次の仕事を探したり、少しゆっくり旅に出てみたり…。

ぜひ、そういった建設的なことに時間を充てましょう。

のアイコン画像

心を癒す時間って、大切だもんね。

ただでさえ疲れているのに、最後の最後まで神経がすり減る一方なのはつらすぎる…。

依頼してしまえば、後は業者とのやり取りだけで済みますから、気分も随分とラクになりますよ。

 のアイコン画像 

何かご相談があれば、お気軽にお伝えくださいね。
少なくとも、お話は伺えますから。

あなたの退職、ひいては天職探しがうまくいきますように、心から願っています。

シェアして考えを深めよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる