サイトマップから記事を探す ⇀ Click!

「繊細さんの本」全HSP必読。溢れる優しさに涙が止まりませんでした。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
 のアイコン画像 

こんにちは!
しょーきち(@SHOKICHI_DJ)です。

本記事では、

  • もしかして「HSP」当事者かもしれないけど、初めに読むならどんな本が良いんだろう?
  • 「HSP」について一通りの知識を持っておきたい。

こういった方にうってつけの本を、HSP気質と上手に付き合いつつ楽しく暮らしている私が、ご紹介します。

▶参考|HSPとは繊細で敏感気質な人。特徴を分かりやすく解説します。

このサイトの管理人は…

しょーきち

「快適生活」追求中
HSP気質の繊細なミニマリスト
愛妻家1年目の充実した日々

平穏に自分らしく生きるための知恵を共有しましょう。HSP気質は武器。ミニマリズムに出会って以来、幸せ感爆増中です。

今回ご紹介するのは、こちら。

HSP専門カウンセラー武田友紀さん著の、

『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本』です。

結論から言うと、本記事のタイトルの通りで、とにかく優しくて、泣ける本です。

もちろん感情論だけでなく、HSPに関する基礎知識や、繊細であるがゆえに受けるダメージに対する具体的な対策も盛り込まれています。

最初の一冊として、まず間違いありません。

タップできる目次

「繊細さんの本」の要点

このは、一言で表すと、

繊細でストレスを感じやすい人が、繊細な感性を大切にしたまま、ラクに生きる方法
出典:「繊細さんの本」まえがきより

を書いた本です。

著者の武田さんは、HSP専門カウンセラーとして、出版時点で600名もの繊細さんの相談に乗っています。

その中で得られた、実効性があると判断されたノウハウがまとめられています。

ポイントは3点あります。

  1. 5感に関する刺激から身を守る具体的な方法
  2. 人間関係をラクにするための、明日から試せる方法
  3. 繊細さんならではの仕事との関わり方

細かな内容は割愛しますが、

例えば、以下のような場合にどのように考えてみれば良いか、分かりやすく簡潔に述べられています。

  • 「誰かがイライラしていると、すぐに分かる」という場合
  • 「人といると疲れる」場合
  • 「人に頼るのが苦手」という場合

繊細な感性を持っている人なら誰もが味わったことのある状況を具体的に挙げてくれるので、共感できるんですね。

そしてなにより、「自分の本音を知ることの大切さ」と、「それを知るための具体的な方法」に触れています。

これはHSP気質をもつ繊細さんが悩みを解消する上で、核となる話です。

そこに、繊細さんのもつ強み

「感じる力」「考える力」「味わう力」「良心の力」「直感の力」

を生かすことで、自分のままで、元気に生きることができるのだと教えてくれます。

繊細すぎるHSPミニマリストが「繊細さんの本」を読んだ感想

繰り返しになりますが、

「これほど優しい本に出会えて良かった。」

というのが正直な感想です。

上で述べた書かれている内容はもちろんですが、

表現の仕方、文の読みやすさといった点でも、読み手にストレスを感じさせません

繊細なのは決して悪いことではないし、ましてや病気でもないし、長所として生かせる部分がたくさんあるんです。

そういった、良い側面に自信をつけさせてもくれました。

この本の中で、私が一番グっときた文章がこちら。

繊細さんは、自分のままで生きることでどんどん元気になっていく。

出典:「繊細さんの本」/武田友紀著

これが、著者の武田さんが出された結論です。本の中では、最後の方で登場します。

これを目にしたとき、

「ああ、自分は本当に全然自分のままで生きられていなかったんだな。」

「人間関係も仕事も、今後うまくいく可能性があるんだな。」

こういった気持ちが湧き、安心したのか、涙を流したことを覚えています。

まとめ:「繊細さんの本」は、全HSP必読のオススメ本です。

は、誰よりも優しいHSP当事者の方が書いた本です。

少しでもHSP気質をお持ちで悩んでいる方にとって、心に刺さる言葉が盛りだくさん。

正直、私自身が一番しんどかった学生時代に読みたかったです…。

そして、あなた自身が読むのはもちろんですが、

周りで「繊細さん」に当てはまりそうだな、という人にも、ぜひオススメしてあげてくださいね。

繊細さんは繊細さんを呼ぶ気がしますから、仲の良い方もきっと、あてはまるかもしれません。

たとえほんの少しでも、気持ちがラクになること間違いなしですよ。

のアイコン画像

少しでも参考になりましたら、幸いです。
他の記事も、もしよかったらご覧くださいね。

▼特に「HSP」初心者の方はコチラ
【総まとめ】HSPを学ぶあなたへ。全体像と上手な付き合い方【初心者】

▼「HSP」に関する他の記事はコチラ
「HSP」カテゴリの記事一覧

シェアして考えを深めよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる