サイトマップから記事を探す ⇀ Click!

【転職エージェント】おすすめの選び方と活用法!【元人材大手社員談】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩む人のアイコン画像悩む人

転職エージェント選びで失敗したくないけど、「おすすめ」だらけでよく分からない…。効果的な選び方と活用法を知りたい!業界の内情を知る人の本音もあったら嬉しいな。

こんなお悩みを、人材業界での勤務経験があり、たびたび転職に成功してきた私が解決します。

この記事を読むと分かること
  • 転職エージェントの効果的な選び方と大事な観点
  • 転職エージェントの一覧|総合型と特化型を網羅
  • 転職エージェント利用時の大事な注意点
このサイトの管理人は…

しょーきち

しょーきち

Twitter|@SHOKICHI_DJ

  • 転職を複数回経験
    (未経験で東証一部上場企業へも)
  • 総合人材サービス企業の勤務経験
    (人材業界の実情に精通)
  • 脱「サザエさん症候群」に成功
    (自分らしく働く充実した日々)

転職活動を始めてみて、「転職エージェント探しが大事だ」ということは分かった。

でも、いくら情報を探しても「しっくりこない」と思っていませんか?

のアイコン画像

かつての私も、そうでした。でも、人材大手での勤務と自身の転職活動を経て、分かったことがたくさんあります。どこまでいっても正解のみえづらい話ですが、大いに参考になるはず。

▼まだ「転職サイト」についてみていない方は、先にこちらをご覧くださいね。
【転職サイト】おすすめに「絶対」はない!選び方と使い方がカギです。

- 無料登録をして試してみよう -

総合型の転職エージェント


 ・転職支援実績No.1。
 ・業界最大手で死角なしの万人向け。


 ・転職者満足度で業界No.1。
 ・圧倒的求人数に手厚いフォロー。


マイナビエージェント
 ・熱意に溢れた面倒見の良さ。
 ・若年層と中小企業に定評あり。


 ・利益を優先しすぎない親身な対応。
 ・女性に対する支援の手厚さ。

タップできる目次

転職エージェントに絶対的なおすすめは存在しない【選び方より使い方が大事】

転職エージェントに絶対的なおすすめは存在しない【選び方より使い方が大事】

まず、大事な大前提です。

「絶対にこの転職エージェントを使えばうまくいく!」というものは存在しません。

のアイコン画像

これは転職サイトと同様ね!

のアイコン画像

はい!ただし、大きく異なる点もあります。

転職サイトの場合は、以下の2点が大事でした。

  • 信頼性の高い自分に合ったサイトをいかに選ぶか
  • 選んだ転職サイトをいかに上手に活用するか

転職エージェントの場合でも、もちろん上記2点は大事。

ただ、それより圧倒的に大事なことが…

信頼性の高い自分と相性の良いキャリアアドバイザーと出会うこと

のアイコン画像

これなんです。後でも出てきますが、非常に大事なポイント。しっかりと頭に入れておいてください!

のアイコン画像

分かった!…でも、エージェントを選ぶことよりも大事なの??

転職エージェントの場合、転職サイトよりも各社で扱う求人内容の差が少ない傾向にあります。

なぜなら、転職サイトと転職エージェントでは、求人企業側の金銭面での負担の仕組みが異なるから。

のアイコン画像

どういうこと??

求人企業側の負担としては、エージェントなら「成功報酬」での紹介手数料、サイトなら「月額」での料金支払いの場合がほとんど。

つまり、転職エージェントの場合、実際に採用を終えて入職するまで、求人企業側の負担は一切ないんですね。

のアイコン画像

サイトなら、求人掲載だけで費用が発生するのに…。

のアイコン画像

だから、求人企業側はあらゆる転職エージェントに求人情報を取り扱ってもらっているんです。成功報酬は、年収の15~30%程度。専門性や希少性の高い職種ほど、率が上がります。

なので、

  • ある程度の規模感で信頼性のある転職エージェントで
  • 自分と相性の良いキャリアアドバイザーと出会うことができれば

それで土台が整えられるということ。

転職エージェントについては、選ぶことより何より、登録した「後」にいかに動くかが、最も大事なんですね。

のアイコン画像

もちろんテキトーではいけませんが、最初の選択自体に時間をかけすぎる必要はないんです。

のアイコン画像

わかった。じゃあ選ぼう!

転職エージェントの選び方【3つのポイント】

転職エージェントの選び方【3つのポイント】

転職エージェントを選ぶ際に意識しておくべきポイントは、次の3つです。

  1. 運営会社は信頼できるか
  2. 自分に合う条件やテーマの転職エージェントか
  3. 相性の良い優良なキャリアアドバイザーに出会えるか
のアイコン画像

順番にみていきましょう!一部「転職サイト」と重複がありますが、大事なことばかりです。

運営会社は信頼できるか

先ほどお伝えしたように、転職エージェントは「キャリアアドバイザーの質」が命。

信頼できない会社に、親切で優秀なキャリアアドバイザーは集まりません。

のアイコン画像

確かに…。どうやって判断すれば良いの?

のアイコン画像

運営会社が信頼できるかどうかの指標は、下記の3点です。

  • サービスや会社の規模と知名度
  • 実績をどれほど開示しているか
  • 企業のWebサイトの内容が信頼できそうか

まずは規模と知名度。

プライバシーマーク(個人情報保護のお墨付き)の有無にも関係してきます。

のアイコン画像

一定レベルの信頼を積み重ねていかないと、企業は大きくなりませんもんね。テレビCMをしていたり、名前をきいたことのあるところなら、いったんは大丈夫。

一方、あまり知名度はなくても、親身な支援を提供されている企業も数多く存在します。

他にはない独自の強みが、コアな悩みを抱える人の役に立っていることも多々あるんですね。

のアイコン画像

規模と知名度は、あくまでも目安ってことね。

のアイコン画像

そう!大手でも信頼を失う「事故」を起こしたりもするし、知名度は低くても、業界内ではよく知られているところもありますから。だからこそ大事なのが…

企業のWebサイト上の情報

これなんです。

Webサイトは、今や企業の顔と言っても良いもの。

情報の更新が滞っていたり、情報があまりに少なく違和感を感じるようなら要注意です。

のアイコン画像

実際のところは、面談でオフィスを訪れるまで分かりづらいもの…。最初の段階で手間をかけずに確認できるのは、このくらいでしょう。

なお、転職サイト検討の際に気にしていた「求人数の規模」はそこまで気にしなくてもOKです。

差があるのは事実ですが、似たようなジャンルの転職エージェントなら、求人情報は共有されていますから。

のアイコン画像

そもそも、求職者に対して転職エージェントで紹介される求人の数はあまり多くありません。数よりも、質です。

自分に合う条件やテーマの転職エージェントか

転職エージェントも、大きく分けると2種類あります。

  • 事務や営業など、あらゆるジャンルを扱う「総合型」の転職エージェント
  • 年齢や職種など、一定の条件で絞っている「特化型」の転職エージェント

例えば「医師免許」を持っていて、「絶対にその資格を生かすんだ」と決めているなら。

総合型の転職エージェントを選ぶ必要はないかもしれません。

のアイコン画像

ほとんどの方は「総合型」は必須ですが…。

あくまでも、あなた自身の「現時点での望み」や「経歴」「職歴」に即した転職エージェントを選びましょう。

相性の良い優良なキャリアアドバイザーに出会えるか

これは、冒頭でもお伝えしたように、転職エージェント選びにおいて最も重要です。

ただ、残念なことに…。

登録して面談を終えるまで、担当のキャリアアドバイザーと相性が良く信頼できるかを判断する方法はありません。

のアイコン画像

まあ、そうだよね…。会ってみないとね。

どれだけ知名度があって評判の良い会社でも、ハズレ(失礼)の方にあたることもあります。

また逆に、前評判が今一つでも、全力で信頼できるアドバイザーに出会える可能性もあります。

のアイコン画像

こればっかりは、数を重ねて吟味していくほかにありません。何か違和感を感じるアドバイザーにあたった場合には、必ず担当替えかエージェント自体を変えましょう。

転職エージェントの活用における「複数登録」の重要性

転職エージェントの活用における「複数登録」の重要性

選ぶより使い方が大事だとお伝えしてきましたが、複数登録はめちゃめちゃ重要です。

結論としては、総合型から2社、特化型に1社、合計3社に登録をするところからやってみましょう。

※総合型が「必要ない・合わなさそうな」場合は、【総合型1社、特化型2社】としてもOKです!
※特化型で「合うものがない」場合は、総合型を【3社】選びましょう。

※既に理解されている方は、ここは読み飛ばしていただいて構いません。

のアイコン画像

求人内容も共有されていて、どのエージェントでもそこまで差がないなら、1社だけでも良いんじゃ…?

のアイコン画像

たしかにそう思いがちですが…。NOです。
理由は次の3点!

  1. キャリアアドバイザーとの相性を吟味する必要がある
  2. 天職・適職と思える求人に出会える可能性が上がる!
  3. 転職成功者の意見が物語っている

詳しくはこちらを参照ください。
▶▶Coming Soon...「転職エージェントを複数掛け持ちすべき理由と注意点【メリットだらけ】」

のアイコン画像

ここでは、要点を掻い摘んでお伝えしておきますね。

キャリアアドバイザーとの相性を吟味する必要がある

繰り返しお伝えしているように、転職を成功させる上で最も重要なのが「キャリアドバイザー」です。

  • 話しやすく自分の想いや考えは100%伝えきれるか
  • 礼儀がしっかりしていて信頼できるか
  • 興味のある業界や職種に対する知識はバッチリか

この他にも、気になるところを決して妥協してはいけません。

のアイコン画像

どのような求人をもってくるか、企業との交渉がどれほど出来るのか…。キャリアアドバイザーの腕にかかっていますから。

天職・適職と思える求人に出会える可能性が上がる!

「企業間で求人が共有されている」と言っても、全てが全て共有されているわけではありません。

のアイコン画像

あくまでも、多々ある、という話ね。

特定の、実績と信頼感のあるエージェントにしか任せていない求人も、実はあるんです。

そういったところこそ、働きやすい環境が整っているもの。

のアイコン画像

「独占」「クローズド」という表現がピッタリ。より良い求人に出会える可能性を、しっかり残しておきましょう。

また、「総合型」と「特化型」とで、取り入れる求人内容に差が出るのも当然ですよね。

1つのエージェントだけでは、カバーしきれません。

転職成功者の意見が物語っている

転職エージェント(人材紹介会社)の利用社数のデータがありますので、ご覧ください。

転職決定者:平均4.2社

全体:平均2.1社

出典:リクナビNEXT

内定を得て転職が決定した方の方が、全体よりも利用社数が多いですね。

転職サイトの発表している情報であることを鑑みても、有意な差があることは事実のようです。

のアイコン画像

もちろん、「大成功!」とまで言えるかは、また別問題ですけどね。

転職エージェントの活用における「複数登録の重要性」を把握したら…

以上、転職エージェントに複数登録をするのが重要だということを、3つの観点からお伝えしました。

まずは、総合型から2社、特化型に1社、登録をするところからやってみましょう。

※総合型が「必要ない・合わなさそうな」場合は、【総合型1社、特化型2社】としてもOKです!
※特化型で「合うものがない」場合は、総合型を【3社】選びましょう。

のアイコン画像

その後で吟味し、必要であれば入れ替えていくのが良いですよ。

のアイコン画像

一気に登録しすぎても大変そうだもんね。ああ、やっと選べる!

【万人向けの総合型】おすすめ転職エージェント一覧

【万人向けの総合型】おすすめ転職エージェント一覧

転職エージェントは、大小合わせれば全国に【1万5千社以上】存在します。

のアイコン画像

え!そんなにあるの…

のアイコン画像

そう。一般的に知られているのはせいぜい数十社かと思いますが、あくまでも氷山の一角なんですね。

その中から、総合型について4社に絞りましたので、この中から【2社以上】を選びましょう。

まずは表で概要をご覧ください。経験に基づき、おすすめの順に掲載しています。

※エージェント名をタップすれば詳細がみれます

転職エージェント名特徴求人数強みのある領域エリア/土日対応
転職支援実績No.1。アドバイザーの質、求人数など、総合的に万人に勧められるサービス内容。約30万件
※非公開求人は約5割以上
全般日本全国
土日対応可能
転職エージェントと転職サイトが一体化した珍しいスタイル。非公開な好条件の求人多め。約10万件
※非公開求人は約5割以上
全般日本全国
土曜のみ対応可能
マイナビエージェントキャリアアドバイザーが業界別の専任制。求人数ではやや劣るが、手厚いサポートに定評あり。約3万件
※非公開求人は約8割以上
全般
第2新卒~20代
IT/通信/メーカー
日本全国
土曜のみ対応可能
求人数ではやや劣るが、サポート面での評価が非常に高い。転職すべきか悩んでいてもフラットに対応。約3万件
※非公開求人は約8割以上
全般
IT/通信/メーカー
医療福祉/営業
日本全国
土曜のみ対応可能
【総合型】転職エージェント4選/データは2020年10月現在のもの
のアイコン画像

それぞれ、詳しくみていきましょう。特徴を簡潔にまとめています。

リクルートエージェント

  • 何といっても業界最大手のリクルート運営。転職支援実績No.1。
  • アドバイザーの質、求人数、総合的に万人に勧められるサービス内容。
  • 豊富な転職ノウハウに強力なサポート体制

業界最大手という安心感もありますが、実際に利用してみて思うのは、

求人の質が高く、サポートが非常に迅速で丁寧

だったということ。

のアイコン画像

非公開求人も数多く紹介されました。
誰にでも対応可能な守備範囲の広さはピカイチ。
あと、アドバイザーの方は若く生き生きとしている印象です。

▶▶に無料登録する

dodaエージェントサービス

  • 転職者満足度で業界No.1にたびたび君臨。
  • 転職エージェント、転職サイト、スカウトの3つが一体化しており活用の幅が広い。
  • 非公開求人やスカウトが多い。

この他にも、dodaエージェントサービスの良いところとして知られているのが、手厚いフォロー体制です。

職務経歴書の添削や、面接指導、転職を終えた後のフォローアップまで網羅。

のアイコン画像

転職した後も不安は絶えないもの。「入職させたらハイ終わり」でないのは非常に心強いですよね。もちろん、求人の質にも定評があります。

▶▶に無料登録する

マイナビエージェント

  • 熱意に溢れ丁寧な、面倒見の良さ。
  • 第2新卒~20代の若手層と中小企業の求人には既に定評あり。
  • 業界・職種別の専任制チームがあり、幅広い領域で安心のサポート

既に新卒領域では先発企業を追い越す躍進をみせているマイナビ。

転職エージェントの領域への進出は後発ですが、それゆえの勢いに満ち溢れています。

のアイコン画像

新卒領域で培った若年層領域では圧倒的。少し「暑苦しい」とまで言われるほどですが、熱意の表れと言えるでしょう。

▶▶マイナビエージェントに無料登録する

パソナキャリア

  • 求人の質と年収アップの実現における高い評価
  • 求職者の年齢、役職、年収に依存しない親身な対応
  • 女性に対する支援が手厚く、女性のアドバイザーに担当してもらうことも可能

人材派遣大手として得たノウハウをもとに、間口の広く配慮のある対応が、最大のポイント。

求人数ではやや劣るものの、転職すべきか悩んでいる人へのフラットな対応に、利益を優先しない姿勢がアツいです。

のアイコン画像

初めての転職ほど、不安なことが多いですから…。求人数は、その質と体制でカバー。現状の肩書に自信の無い人ほど、信頼感をもって相談できるでしょう。

▶▶に無料登録する

【補足】どうしても【総合型】転職エージェントを1社だけにしたい場合

のアイコン画像

補足です。

どうにも総合型が「必要ない・合わなさそう」という場合は、総合型1社、特化型2社としてOKです。

また、どうしてもトータルで1社だけに絞りたい場合もあるでしょう。

こういった場合、1社だけ選ぶなら、一択です。

転職エージェントのみならず、ありとあらゆる業界・業種のグループ会社も存在する巨大企業。

どの分野についても、精通した専門家がいるため、非常に強いんです。

▶▶に無料登録する

のアイコン画像

お疲れさまです。登録した後は、各種提出物もお忘れなく。面談も早々に設定していきましょうね。

続いて、【条件別の特化型】転職エージェントをみていきましょう!

【条件別の特化型】おすすめ転職エージェント一覧

【条件別の特化型】おすすめ転職エージェント一覧

総合型のエージェントである程度網羅できますが、特化型の方が話がはやい場合もあるのは事実。

範囲を絞ってみるには最適なので、必要に応じておさえておきましょう。

のアイコン画像

目安は、1社以上です。総合型を1社のみとした方は、2社以上ですね。

ここでは端的にご紹介しますので、詳細は各種、別記事をご覧ください。

リンクがあるものについては、公式ページを訪れることも可能です。

既卒・第二新卒向け

なんとキャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒。

元当事者だからこそ分かる気持ちがあります。

のアイコン画像

カウンセラーは転職活動の肝。話しやすいのは嬉しいですよね。

▶▶に無料登録する。

▶▶に無料登録する。

▶▶Coming Soon...【既卒・第二新卒向けの転職エージェントについて】

未経験・フリーター向け

厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」というものがありまして。

その職業紹介優良事業者として認定されている、数少ない就職支援会社です。

のアイコン画像

いわゆるブラック企業を徹底除外。
就職支援講座も充実しています。

▶▶に無料登録する。

▶▶Coming Soon...【未経験・フリーター向けの転職エージェントについて】

女性向け

総合型のエージェント「パソナキャリア」。

圧倒的に、女性に対する支援の手厚さで知られています。

のアイコン画像

いわゆる「女性向け」で信頼できるエージェントは限られています。

▶▶に無料登録する

▶▶Coming Soon...【女性向けの転職エージェントについて】

20代向け

総合型と重複します。

新卒領域での圧倒的な実績をもとに、熱量の高いサポートが受けられます。

▶▶マイナビエージェントに無料登録する

▶▶Coming Soon...【20代向けの転職エージェントについて】

30代向け

総合型から、選びましょう。

▶▶Coming Soon...【30代向けの転職エージェントについて】

40代・50代以上向け

総合型から、選びましょう。

▶▶Coming Soon...【40代・50代以上向けの転職エージェントについて】

業種・職種が明確な人向け

▶▶Coming Soon...【業種・職種が明確な人向けの転職エージェントについて】

ハイキャリア向け

▶▶Coming Soon...【ハイキャリア向けの転職エージェントについて】

転職エージェント利用時の大事な注意点【必見】

転職エージェント利用時の大事な注意点【必見】

総合型から2社、特化型から1社に登録が出来たら、面談前に下記をおさえておきましょう!

とても大切なことがあるんです。

のアイコン画像

もう、選ぶだけでだいぶ疲れたけど…

のアイコン画像

お疲れさまです。でも、大事な点は正直たくさんあって。お茶でも飲んで休んでも良いですが、必ず目を通してくださいね!

詳しくは、別途お伝えしていきます。

▶▶Coming Soon...【転職エージェントの効果的な使い方まとめ】

複数登録し、最後は「相性の良いアドバイザー」のいる2社に絞って併用する!

信頼性の高い自分と相性の良いキャリアアドバイザーと出会うこと

これこそが、転職エージェント活用の最重要ポイントでしたね。そして…

複数登録をする重要性をお伝えしましたが、最後には2社以下にまで絞ってください。

もちろん、最初はどれだけ多くのエージェントを試しても大丈夫です。

ですが、早期に絞り込んでおかないと、負担が増えるばかりで良くありません。

のアイコン画像

絞り込み自体は、面談をする中で、自然とできてくると思いますが…。

選考スケジュールの管理にしても相談をするにしても、アドバイザーが多いと混乱してしまいます…。

詳しくはこちらで解説していきます。

▶▶Coming Soon...転職エージェントを複数掛け持ちすべき理由と注意点【メリットだらけ】

転職エージェントと同時に転職サイトへも登録を!

転職エージェントと転職サイトは、必ず併用していきましょう。

詳しい理由は【転職サイトと転職エージェントの違いとは|併用が最強の使い方です。】に記載していますが、要するに

転職サイトと転職エージェントにはそれぞれ強みと弱みがあるので、互いを補い合う必要がある

ということでした。

のアイコン画像

全員、必須です。まだの場合は、早速どうぞ。

▶▶【転職サイト】おすすめに「絶対」はない!選び方と使い方がカギです。

キャリアアドバイザーの話は決して鵜呑みにしない!

キャリアアドバイザーは、とても口が上手です。

話の全てを鵜呑みにすることのないように気をつけましょう。

悪気はなくても、想いもしない方向に話が進むことは起こり得るもの。

多くの情報を得ること自体は良いのですが、最後は必ずあなた自身が吟味して、納得した状態で決断してくださいね。

のアイコン画像

あなたにとっては「数人いるアドバイザーの内の1人」。貴重な存在ですが、相手からすれば「何十何百何千人といる求職者の内の1人」です。

のアイコン画像

え!でも、1人1人に真摯に向き合ってくれてはいるんだよね?

のアイコン画像

それはもちろん!全力で対応してくれるアドバイザーは非常に多いです。ただ、中にはテキトーな人がいるのも事実で…。

どれほど魅力的な話をされても、どれだけ信用できそうでも、注意は必要です。

とはいえ、少し気をつけてさえいれば、非常に心強い味方です。

口コミサイトの活用を!エージェントも万能ではありません。

新卒で就職活動をされている場合、一度は利用したことがあるでしょう。

口コミサイトの有用性は、転職においても同じです。

リアルな生の声を大量に頭に入れておくことは、ミスマッチを防ぐうえで大いに役立ちます。

のアイコン画像

必ず、確認しておきましょう。
まずおさえておきたいのは、こちらの2つ。


 ・国内最大級、100万件以上の転職口コミ情報を掲載。
 ・会員数は500万人以上でインタビューも。

OpenWork(オープンワーク)
 ・かつては「Vokers(ヴォーカーズ)」の名称で一世風靡。
 ・退職先を高く評価する声の多さ等、比較的信頼性が高いことで有名。

詳しくはこちらで説明していく予定です。

▶▶Coming Soon...転職活動における口コミサイトの活用法!

転職エージェントを上手に活用して「天職」「適職」を勝ち取ろう!

転職エージェントを上手に活用して「天職」「適職」を勝ち取ろう!

ここまでで、転職エージェントの選び方と活用法について、あらゆる角度からみてきました。

改めてまとめておきましょう。忘れていることがあれば、読み返してみてくださいね。

この記事を読むと分かること
  • 転職エージェントの効果的な選び方と大事な観点
  • 転職エージェントの一覧|総合型と特化型を網羅
  • 転職エージェント利用時の大事な注意点

転職エージェント、キャリアアドバイザーは、上手に頼ることができれば本当に強力な存在です。

まだの方は、まず下記の総合型エージェントに登録のうえ、初めの一歩を踏み出してみてくださいね。

のアイコン画像

少し手間だけど、忘れちゃう前にね。

のアイコン画像

アドバイザーと会ってしまいさえすれば、予想以上にトトトっと話を進められます。全て無料なので、試しに一度、面談を設定しましょう。

何か気になることがあれば、お気軽にご相談ください。頑張るあなたがどうか上手くいきますよう、願っています!

- 無料登録をして試してみよう -

総合型の転職エージェント


 ・転職支援実績No.1。
 ・業界最大手で死角なしの万人向け。


 ・転職者満足度で業界No.1。
 ・圧倒的求人数に手厚いフォロー。


マイナビエージェント
 ・熱意に溢れた面倒見の良さ。
 ・若年層と中小企業に定評あり。


 ・利益を優先しすぎない親身な対応。
 ・女性に対する支援の手厚さ。

シェアして考えを深めよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる